読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いたずらフィガロ

むかしのアメリカのマンガについて。

レアビット3号と新聞コミック傑作選について

レアビットを食べる

f:id:miurak38:20151226074708j:plain

 昨夜食べた、3回目のレアビットです。...どす黒いな。

 

 どす黒いのは、妻によると「まちがってウスターソース入れすぎた」からのようです。今回の中身は、

・チーズ

・ビール

ウスターソース

・マスタード

・バター

でしたが、味は、一夜明けたいま、はっきりいってウスターソースさんのことしか覚えてないです。レアビットにおけるウスターソースの配分は、味の決め手としてきわめて重要とわかりました。

 

 でもこれはこれでおいしかったですよ。ビールがすごく進みました。例の、酒とつまみの永久的往復運動があったと思います。

 

 さて、今日は、本を紹介したいと思います。

 

 『[原寸版]初期アメリカ新聞コミック傑作選 1903-1944』(創元社)です。

 

f:id:miurak38:20151226080816j:plain

比較として、となりに文庫本を置いているのですが、大きさがわかっていただけるでしょうか。[原寸版]というのは新聞サイズということですね。新聞一ページまるまるマンガだったので。

 

 この、レアビット3号みたいな色の箱のなかに、

・マッケイ『眠りの国のリトル・ニモ』

・ヘリマン『クレイジー・キャット』

・キング『ガソリン・アレーのウォルトとスキージクス』

・ヴァービーク『さかさま世界』

の、4冊が入っています。いうまでもなく相当の重量で、腰痛持ちのわたしとしてはまったく油断ならない代物です。

 

 監訳は柴田元幸さん。いまさらわたしが紹介するまでもないですが、アメリカ文学の翻訳・研究に長年たずさわってきた、この界隈の第一人者ですね。スティーヴン・ミルハウザーの小説「J・フランクリン・ペインの小さな王国」を翻訳したのは柴田さんで、これに出てくる架空のマンガ Figaro's Follies を「いたずらフィガロ」と訳したのももちろん柴田さんです。

 

 気になるお値段ですが、いまなら税込129,600円! 2013年に発売されたばかりの頃は割引特典があったんですが、いまは特典はなく、しかもそのあと消費税が8%になりましたので、どんどん高くなってます(笑) 図書館に行けば、もしかしたら見ることができるかもしれません。