読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いたずらフィガロ

むかしのアメリカのマンガについて。

レアビットと馬にけとばされる男

レアビット狂の夢

f:id:miurak38:20161220165615p:plain

 1905年11月15日『ニューヨーク・イブニング・テレグラム』の「レアビット狂の夢」です。

 

 ひげを生やした男がいます。左の袖を見ると、ところどころ破れていますので、あまり裕福ではなさそうです。ホームレスかな。かれのひとりごとは、「ピッツバーグ行きの貨物列車をつかまえんとなって思ってたけど、王子さまからの手紙によりゃあ、おれにホースショーに行ってもらいたいのか。そんなら行かなくちゃな」です。王子さま...イギリスあたりから王子さまが来てるんでしょうか。

 

 というわけでホームレスの男は、ホースショーにやって来たようです。警官らしきふたりが「あいつ知ってるか?」「ああ、女性騎手の審判で有名なんだ」と話していまして、その界隈では知られた人物のようです。かれは「会場が満員じゃないなら、取りしきるのはごめんだ。おれの奉仕はすごく重要なんだから、座席を無駄になんかできねえだろう」と自信たっぷりです。

 

 男は会場に到着し、すでに競技場のなかにいます。むこうから馬を連れたひとがやってきています。観客席からは「かれがホースショーを考案したんだ」と聞こえてきて、さらに大きな話になってますね。ホームレスの男は「おい、下僕ども! じっとしてるんだ! 聞こえないのか?」と、むこうから走ってくるひとに対してでしょうか、馬から離れるよう指示しています。

 

 その後、男は馬のちかくに立ち、「みなさんにこうしてご挨拶できることをありがたく思います。ではこれから、このサラブレッドを見ていきましょう」とうやうやしく述べます。馬の品評をはじめるみたいですね。

 

 しかし5コマ目、馬は後脚で男をけとばします。「こら! おとなしくしなさい!」。男はめげずに「この馬には優れたところがじつに多くありますな」と馬の品評をつづけていますが、馬は今度は、かがむ男の顔を前脚で踏みつけます。

 

 男は「15セントほどよこせって言ってるのかもしれんな、だけど...」と、賄賂の要求を感じているようですが、あげる気はないようですね。すると馬はムカついたみたいで、うしろの両脚で男を蹴りあげます。それで目が覚めたんでしょう。夢オチ場面では、警官がホームレスを警棒でつついていますね。「起きろ! ここを立ち去るんだ!」と怒鳴っています。

 

 ところで同時代には、フレデリック・オッパーによる And Her Name Was Maud という、ラバが農夫を蹴りあげる人気マンガがありました(And Her Name Was Maud - Wikipedia)。動物を支配してると思っている人間が、その動物に痛めつけられるというのがおもしろかったんでしょうか。でもホームレスが痛めつけられるのはかわいそうですね。

 

 オッパーのべつのマンガ Happy Hooligan でも、主人公の浮浪者が馬に蹴りつけられているエピソードがあります。まぬけそうな男が動物にまでバカにされる、という種類の笑いがいわば「鉄板」だったのだと思います。