読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いたずらフィガロ

むかしのアメリカのマンガについて。

リトル・ニモと9兆ドル

眠りの国のリトル・ニモ

f:id:miurak38:20170212075807j:plain

 1907年9月29日『ニューヨーク・ヘラルド』の「眠りの国のリトル・ニモ」です。

 

 進んでも進んでも高層ビルがつづいて、うんざりして座りこんでしまっているニモとインプがいます。あたりは暗くて、夜になってしまったのでしょうか。

 

 画面の左のほうからコマを横切ってきたサーチライトが、ビルの壁に「リトル・ニモの行方を情報提供した者に9兆ドル。モルフェウス王」という文字を照らしています。ニモはそれを見て「ボクたちを探しているんだ! ここから降りなくちゃ」と言っています。

 

 ニモとインプはビルを降りていきます。途中、ニモは「宮殿までの帰り道がわかるといいなあ」「この人たち、ボクたちがここにいるってこと伝えてほしいよね」「フリップがいればなあ」などとしゃべっています。9兆ドルの懸賞金が出ているにもかかわらず、ニモはこの街の群衆たちにあまり期待していないのかもしれません。

 

 ニモとインプが地上に降りると、それを指さす人たちが何人かいますね。さすがに無視できる大きさじゃないからですが、人びとの声は聞こえてきません。ニモが期待していないからなのか、街の人びとはニモの物語にからんでこないみたいです。

 

 5コマ目、ニモは「川だ! ここから出られるよ」と、高層ビル街からの脱出を喜びます。そしてそのまま川に入っていくと、6コマ目の右上のほうから、フリップがビルを破壊しながらやってきました...。「おい! 待て、待ってくれ! おれの話を聞いてくれよ!」だそうです。

 

 フリップは、森の巨人に捕まってしまっていたんですが、その後どうやら逃げてこれたようです。どうやって逃げてきたんでしょうか。ニモは「フリップが走ってきた! ほら!」と興奮しています。安堵しているのかもしれません。破壊されたビルの下にはおそらく数多の人びとがパニックだと思いますが、やはりニモはそんなことはどうでもよく、フリップが来たことのほうが大事のようです。