読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いたずらフィガロ

むかしのアメリカのマンガについて。

リトル・ニモとビル街の大火

f:id:miurak38:20170221073617j:plain

 1907年10月6日『ニューヨーク・ヘラルド』の「眠りの国のリトル・ニモ」です。

 

 前回、フリップがニモたちと再会できました。森の巨人たちに捕まってしまったフリップでしたが、どうやら逃げてこれたようです。「まあ待てよ! おれがあの巨人どもからどうやって逃げてきたか教えてやるから。どっかにすわろうぜ、全部聞かせてやるよ...」。

 

 しかしニモはビルのむこうを指さして「見てよフリップ! きみがけっ飛ばしてきたところ! 火事になってるよ!」とあわてています。たしかに煙が上がってますね。

 

 次のコマになると煙がさらに広がっています。「え、おれがやったの? いやそんなつもりなかったよ、走ってきてちょっと倒しちゃっただけさ! 火を消さなきゃな」「広がってる! はやく何かしないと、ぜんぶ燃えちゃうよ!」。

 

 火はどんどん燃え広がっています。フリップが「はやく水をかけるんだ!」と、川の水を手ですくって街に浴びせてます。ニモのほうは炎がすごくて、ニモは熱いんじゃないかと思いますが、必死だからか「はやく水を!」しか言ってません。火事場のなんとやらでしょうか。

 

 4コマ目、街のほうは完全に煙につつまれてしまい、火事がどうなったのかよくわかりません。鎮火したのかな。ニモは「ふう! 火が消えた。よかった!」と安心してるようです。

 

 いずれにせよ街が見えないので、読者の注目は手前の三人に集まります。フリップが「いて! なんだこのチクチクするのは...いってえ!」とさわいでいて、インプといっしょに画面左に視線をやると、そこでは軍艦がこの巨人たちに向けて砲撃していますね。てめえらいいかげんにしろ、ということでしょうか。

 

 軍艦は画面左から、徐々に右へとすすみ、三人を画面右のほうへ追いやります。「走れ走れ! 海軍がうしろにいるぞ! よそ見してないで逃げるんだ!」「ギメル・イグル・イプ・ソグル・オプ・ソグ!」「フリップのせいでしょ! 気をつけてよもう」。

 

 ニモはコマのいちばん右まで来て、目が覚めます。するとお母さんでしょうか、「ニモなの? うろついてないでベッドにもどりなさい」という声がしてきました。軍艦とお母さんとのあいだで板挟みにあってますね。

 

 ところで街のビル群は、ふしぎな焼け残り方をしていますね。上の階のあたりはなくなり、ところどころ鉄骨だけが残っていますが、地上のあたりは壁も残っています。ニモたちが上から水をかけたからなんでしょうね。あるいは、ニモがこの夢において、街の人びとの逃げ場を残しておくシナリオをつくった、ということなのかな。