いたずらフィガロ

むかしのアメリカのマンガについて。

レアビットとやばいオークション

f:id:miurak38:20200503153732p:plain

 1906年2月6日『ニューヨーク・イブニング・テレグラム』の「レアビット狂の夢」です。

 

 「必要なものはぜんぶ買ったから、もう帰ろうかしら。でもその前にオークションを見てもいいわね」と、婦人がオークション会場に入っていきます。

 

 競売人が出しているのは散水車(a sprinkling cart or water wagon)です。2コマ目の画面左奥に、大きなタンクと車輪が見えています。一般家庭には必要なさそうですが...。

 

 婦人の両隣には蓄音機が置かれていて、左の蓄音機から「400ドル」と声が出ました。競売人はそれを受けて「400ドル出ました」と返しますが、すぐさま右の蓄音機から「450」と声が出て、競売人はその声も拾います。

 

 こうして散水車はどんどん値がつり上げられていきます。競売人も「最新型ですよ」「操作も簡単」と商品を売り込みます。そもそも蓄音機が競売人による仕込みということも大いにありえます。

 

 婦人は「ちょうどあんなのを夫も欲しがってたわ」と完全にオークション空間に乗せられてしまい、「750よ!」と入札してしまいます。

 

 その後も競りは続き、最終的にこの散水車は婦人のものとなります。お値段は2500ドル...やってしまった感がありますね。

 

 でも、この婦人の気持ち、わからなくはないんですよね...。わたしもネットオークションで「500ドルまでなら出せるかな」とか考えておきながら、最終的に1000ドル近く払ったこともありますので。オークションは危険。

 

 最後のコマはこうです、「あなた、どうしたの? ずいぶんと落ち着きがないわ」「なんでもないよ、よく眠れないだけさ」。なんと、この夢を見ていたのは夫のほうでした。