読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いたずらフィガロ

むかしのアメリカのマンガについて。

レアビットとビッグミット

f:id:miurak38:20170514105759p:plain

 1905年12月20日『ニューヨーク・イブニング・テレグラム』の「レアビット狂の夢」です。

 

 「このお金は保険契約者からだまし取ったものですね? 返しますか? その帽子も契約者のお金で...」「はい、買いました! 帽子も返します」。法廷でしょうかね、保険業者が罪を告白しています。

 

 「あなたが着ているそのコートも契約者のお金で買ったのですか?」「はい! これももちろん返しますとも」

 

 「ビッグミット(Bigmitt)さん、ほかにはありませんか? 契約者のお金を使って...」「このベストもそのお金で買いました。これもお返しします」「そのカラーとネクタイもそうですか?」「そうです! ええ、こちらも返しますとも」。

 

 こんな具合で、ビッグミットさんは法廷でどんどん身ぐるみはがされていきます。ビッグミットという名は、大きな手袋ということで、お金をたくさん手に入れる、ぺてん、詐欺といった意味合いがあります。それにしてもビッグミットさんはあっさり白状してますね。

 

 「まったくおもしろいことですな、ビッグミットさん、あなたの靴もですか?」「ええ、そうです! こちらも引き渡しましょう」「あなたのお話によれば、そのシャツは寡婦や孤児たちのお金だということですが?」「そうでした! これも引き渡しますよ」。けっこうな悪人ですねビッグミットさん。

 

 「では、ビッグミットさん、この質問にも答えていただきたい。そのズボンを買うお金はどこから?」「保険契約者からです、ええ、これもお返ししますとも」「もうひとつ質問があります、その下着はだれのお金で? それも返しますか?」「返しますよ! もちろん保険契約者のお金で買ったのです」。

 

 こうしてビッグミットさんは最後、裸になってしまい、樽のなかに入って裸をかくすという姿になりました。樽を用意するあたり、この法廷もなかなかふざけてますね。「退出してよろしいです、ビッグミットさん」という言葉とともに法廷をあとにしたところで、夢オチです。

 

 夢オチのコマでは、娘が「パパ、気分が悪いの? パパがそんなことしてたなんて知らなかったわ」と笑いながら話しかけています。「私がやりました、お返しします」とかの寝言を言ってたんでしょうか。パパの答えは「すこし夢を見てただけさ、たぶんね」。たぶんねと言うあたり、リアリティのある夢だったようにも思います。