いたずらフィガロ

むかしのアメリカのマンガについて。

リトル・ニモと新年の抱負

f:id:miurak38:20190515111724j:plain

 1907年12月29日『ニューヨーク・ヘラルド』の「眠りの国のリトル・ニモ」です。

 

 えー、またしても前回の更新からだいぶ日にちがたってしまい、「リトル・ニモ」のこれまでの話を忘れてしまってますが、要は、ニモとフリップとジャングル・インプの三人が宮殿内で迷子になっていて、モルフェウス王やプリンセスを探しているところですね。

 

 「リトル・ニモ」は週一回の新聞連載で、「レアビット」ほどではないですがそれなりの頻度で掲載されているため、「レアビット」のように年中行事ネタがよくあります。この日は年末ですので(以前にもありましたが)大きな鎌をもった時の神が登場しています。

 

 時の神は右手に赤子を抱えています。2コマ目で「1908」と書かれた帯が見えるので、かれは新年を連れてきたわけです。ニモたちは「なんかベルが鳴ってるな」としゃべっていて、近づいてくる音には気づいているのですが、疾走してくる時の神に対処するのは難しく、床を転がります。

 

 ニモたちは「時の神が新年を連れてきた!」「07を08に置き換えるところ見たい!」みたいな感じで、迷子であることも忘れ、時の神を追いかけます。すると向こうから老いぼれの1907年がやってきて、ニモたちはまた床を転がります。

 

 何事もなかったかのように杖をとり、退場していく1907年を、憐れみの眼差しで見送るニモたち。「ぶつかってしまうのも仕方ないよ、目が見えないんだから」「かわいそうなじいさんだ、あれだって昔はかわいい赤ちゃんだったんだぜ」。

 

 

 その後、巨大な本を持ってきた宮殿の家来がニモたちと衝突し、ニモたちはまたまた床を転がります。本の表紙には「1908年の抱負」と書かれています。本のなかには「1907」という見出しのページがあるので、これまでの何十年分かの決意とか決心とかが書かれているんでしょう。

 

 だれの本なのか。巨大だから、モルフェウス王のものでしょうか。これまで書かれた抱負をまとめてあるなんて、すごいというかツラいというか...。もしかしたら私も、昭和から平成になったときになにか抱負を書かされたのかもしれませんが、まったく覚えてないですね。令和になったときもなにも抱負を考えなかったな...。

レアビットとオウニー・ステイシー君

f:id:miurak38:20190509121628p:plain

  1906年1月11日『ニューヨーク・イブニング・テレグラム』の「レアビット狂の夢」です。

 

 女の先生がひとりの生徒を叱るつもりでいます。なぜ叱られるのか、1コマ目の時点ではよくわからないのですが、どうやら先生がここ一週間ずっとその生徒のことを監視していて、すでに体罰を決め込んでいます。というわけで、オウニー・ステイシー(Owney Stacey)君の名が呼ばれます。

 

 オウニー君は最前列にすわっていて、先生の目の前にいます。2コマ目ですでに立ち上がるしぐさをしています。先生は「オウニー! 急いで来なさい! ぶってあげますから」とやる気に満ちていますね。先生の話によれば、オウニー君は「濡れた紙を大量にまき散らしていた(shoot wads of wet paper promiscuously about)」ようで、それが体罰の理由みたいです。状況がまったくわからん。

 

 先生がオウニー君の異変に気づくのは5コマ目で、「ま、待ちなさい、すわって! すわりなさい!」と叫びますが、オウニー君はすわらずにどんどん大きくなって、7コマ目で「お呼びですか、先生?」と答える頃には先生はパニックです。他の生徒たちは平然としていますが。

 

 ところで、「レアビット狂の夢」は週に2〜3回のペースで連載されていて、毎日ではないにせよ頻繁に掲載されていました。だからなのか、マッケイはこのマンガを描くとき、時事ネタを入れたり、読者からアイデアをもらったりして、描くネタが尽きないようにしていました。

 

 そのため「オウニー・ステイシー」とかいう固有名詞を見ると、もしかして実在した人? と思わずにはいられません。というわけで少しインターネットを探してみたんですが、今回は見つけられませんでした。まあ、実在はしたけどマッケイの単なる友人というケースもあるので、まったくの架空かどうかもわからないんですが。

 

 代わりにヒットしたのはオウニー・マドゥン(Owney Madden - Wikipedia)という、「殺し屋」の異名をもつギャングでした...。1891年英国生まれで、1902年にニューヨークにやってきた人らしい。1906年だともう10代半ばなので、上のマンガのような少年ではないですね。ただ当時ニューヨークで「オウニーという名の悪ガキがいる」といったうわさはあったかもしれません。

レアビットとぐらぐら動く世界

f:id:miurak38:20180824121437p:plain

 1906年1月3日『ニューヨーク・イブニング・テレグラム』の「レアビット狂の夢」です。

 

 男が煙突のてっぺんまでのぼってきました。どうやら友人たちと、煙突のてっぺんまでのぼれるかどうかの賭けをしていて、見事てっぺんまでのぼった彼が5ドルいただくようです(ただ彼は、下にいる友達が支払いに応じようとしてない声を聞いてもいます)。

 

 賭けに勝った男は、ちょっと休んでから下りようとするのですが、4コマ目で「めまいがするぞ」と言っています。と同時に、彼がしがみついている煙突から遠くの地平線にいたるまで、世界がすべて傾いでしまっています。

 

 もちろんこれは、「めまいのする男からは世界がこう見える」という一種の主観的な表現と捉えることもできますが、この世界は夢のなかなので何でもありですから、実際に世界がぐらぐら動いていると捉えることもできます。というか私は直感的には後者のようにこのマンガを読みます。

 

 そう感じるのはたぶん、「レアビット狂の夢」の主人公がいつも世界に翻弄されてばかりいるからなのではと思います。このマンガでは、登場人物の内面に迫るような表現に読者が唸るというようなことはまずなく(笑)、登場人物が人間扱いされていないのを見て読者が笑うというのが基本の楽しみ方ではないでしょうか。

 

 ベッドから落ちて夢からさめた男のセリフはこうです、「こうなることはわかっていたさ。わかってた! レアビットを食べると決まってこうなるんだ。でも好きなんだよね」。

 

 レアビットを食べるのが好きだし、夢のなかで翻弄されるのも好き。読者としては、たとえ登場人物がどんどん慌てていくとしても、いったん読みはじめたマンガは最後のコマまで読むのをやめられないので、マンガのなかの男が「それでも好き」と言ってくれるのは何よりです。

リトル・ニモと走り屋サンタ(遅い)

f:id:miurak38:20180823142049j:plain

 1907年12月22日『ニューヨーク・ヘラルド』の「眠りの国のリトル・ニモ」です。

 

 前回ではサンタクロースが突然あらわれて、「ニモをつかまえてクリスマスやるぜ」と言いながら、ニモたちの前を車で去っていったのでした。ニモたちはあわててサンタのあとを追いかけます。

 

 でも、追いつくんでしょうか。相手は車に乗っているわけですし。ニモたちは、サンタが落としていったプレゼントのなかを走っているわけですが、4コマ目まで構図がまったく変わらず、また現代の私たちにはおなじみのスピード線も描かれていませんので、あまり速そうじゃないですね。

 

 そもそも走る姿勢がスタコラサッサなんで真剣味が足らんな。しかしそういえば、三人は食べすぎて丸々としてたのでした。構図が変化しないこと、スピード線がないことは、「走ってるけど遅い」表現としては適切かも。

 

 ところが驚くべきことに、2コマ目でフリップが「ガソリンのにおいがするぜ、追いつきそうだ」と言ってるので、どうやら三人は車との差を縮めています。たしかに排気ガスがどんどん増えていきます。

 

 そして5コマ目、ニモたちはサンタの後ろ姿をとらえました。車の音がうるさいので(4コマ目でフリップがそう言っています)、後ろでニモたちが「おーい!」「止まれえ!」と大声を出すものの、サンタはそれに気づきません。

 

 すると6コマ目、なぜか車が爆発して、サンタが吹き飛ばされてしまいます。ニモたちは爆風を受けて腕で顔を覆い、近くに転がっているびっくり箱はふたが開いて妙な人形が驚いています。

 

 7コマ目を見ると、車は大破してはいないようですね。ただ所々、煙が上がったりひびが入ったりガラスが割れたりしているようです。

 

 ところで私は、コマ右端の、ニモの顔に似た人形の破片が不気味なんですよ。他にもおもちゃはあっただろうに、なぜ人形の顔の破片なのか、怖いじゃないですか。

 

 二点透視図法の右側の消失点に向かって、なにかの破片と、サンタの帽子と、人形の破片とがつづいていて、なんとなく寂しさがあるというか、死んでるというか。薄暗いし。しかもその先は夢から覚めた8コマ目なので、「夢の世界の終わり」感を感じます。

 

 一方で左側の消失点に向かっては、サンタと車からニモたちへという流れがあって、キャラクターの騒がしさがあります。サンタはプレゼントのおもちゃのことより、車がダメになったことに失望しているようです。「最新式にしてたのにこれか! これからはトナカイだな」。ニモが遠くで「あの人どうかしてるよ!」と罵るのも無理はありません。

リトル・ニモとあわてんぼうのサンタクロース

f:id:miurak38:20170531093706j:plain

 ひさびさの投稿です。前回の投稿から一年以上たつのか...。

 

 話の内容をよく覚えていないのですが、たしかニモ(かわいい男の子)と、フリップ(葉巻すってる悪ガキ)と、インプ(褐色のジャングル少年)の三人が、モルフェウス王やプリンセスに会おうとさまよってるのでした。

 

 上のマンガは1907年12月15日『ニューヨーク・ヘラルド』に掲載された、「眠りの国のリトル・ニモ」です。三人が丸々と太っているのは、少しまえ、かれらが空腹をこらえきれずに題字の「Little Nemo in Slumberland」を食べたからですね(リトル・ニモと食べられるタイトル - いたずらフィガロ)。

 

 一コマ目の左上、クリスマスのリースが飾られています。12月15日ですからね。ただコマの右端の、緞帳のようなカーテンには「クリスマスパーティー延期! モルフェウス王の命によりリトル・ニモ捜索中のため不在」と書かれた貼紙が。

 

 三人は次のコマで、カーテンの奥に入ります。すると天蓋付きのベッドがあり、ヘッドボードに「ドクターピル」の文字が刻まれています。あの爺のだったか...。

 

 ニモはクリスマスのことが気になってしかたないようですが、フリップは「クリスマスのことなんか気にすんなよ! それよりこのベッドめちゃめちゃにしてやろうぜ!」と言って、ベッドのうえで暴れようとしています。それに対してニモは「ドクターピルが来たら怒られちゃうよ! クリスマスがないなんて残念だなあ」とか言いつつ、ベッドに上がりました。

 

 四コマ目はまるで、ベッドのうえで弾むボールのようですね。そんななか、ニモが「ねえフリップ、だれか来るよ!」と、物音に気づきました。ドクターピルでしょうか。

 

 と同時に、カーテンの向こうからふきだしがあらわれて、こう言っています、「え、ニモがいない? クリスマスもやらないだと? こいつは困った! ニモはどこにいるんだ?」。

 

 そうして、五コマ目でサンタクロースが登場するのでした。カーテンが緞帳みたいなので、サンタはまるで下手から出てくる演者のようですね。「ニモを見つければクリスマスをやれるんだな!」と、車で上手まで駆け抜けていきます。「ぼくはここだよ!」とニモが叫びますが、まったく聞こえておらず、あわてんぼうのサンタクロースです。

 

 というわけで、ニモは無事にクリスマスを迎えられるのか。読者のこどもたちは、近づくクリスマスにわくわくしながら、この物語の緊張にどきどきしていたのかもしれません。

レアビットとノブさん

f:id:miurak38:20170523093658p:plain

 1905年12月30日『ニューヨーク・イブニング・テレグラム』の「レアビット狂の夢」です。

 

 ハゲたおじさんがくつろぎながら新聞を読んでいます。「スー族のまじない師による驚嘆すべき力...岩石やカブに髪の毛や羽や草を生やすことも意のままに。髪のうすい男性が何千とおしよせている...」。

 

 この男性もさっそく会いにいこうとしています。「出かけてきますよビスケットさん、インディアンに会いにね」「ああ、わたしも読みましたよ、うまくいくといいですねノブさん(Mr. Knob)」。

 

 ドアノブみたいな頭ってことでしょうね。ビスケットさんのほうは...体格の分厚さに由来してるんでしょうか。アメリカのビスケットはわたしたちが通常イメージするビスケットとはちがって、スコーンのようなものらしいので(Biscuit - Wikipedia)。

 

 ノブさんはスー族のまじない師のところにやってきました。「族長! 会いにきましたよ。わたしの頭になにか生やすことができたら、あなたを金持ちにしてあげよう。草でもロープでも、なんだっていいんだ」。

 

 スー族の族長は「わたし偉大なるまじない師、小屋に入りなさい、大いなる神秘(Great Spirit)に話しかけてみよう」といって、ノブさんを別室につれていきます。

 

 4コマ目の肌の黒い人が、その「大いなる神秘」なんでしょうか。それともさっき出会ったインディアンの人が変装してるのかな。ノブさんの頭を見ながら「石のようだ、とてもつやつや。治してみよう」と、治療を開始します。

 

 「キーイー! キーイー! コボコボン!」と、常人にはわからない言葉がノブさんの頭上に浴びせかけられています。タンバリンをマレットでたたきながらダンスしてますね。

 

 するとさっそく、6〜8コマ目で、ノブさんの頭部に髪の毛らしきものが生えてきたようです。「あなたすごい! 魔法つかいだ、いったいどうやったんだい、族長!」。族長って言ってるから、3コマ目のインディアンとおなじ人なのかな。シャーマンとして、目には見えない大いなる神秘と交流したということかもしれません。

 

 まあそんなことはノブさんにとってはどうでもよく、帰宅してビスケットさんに頭を見せています。ビスケットさんはノブさんの髪を手でさわりながら、「ステキじゃない!」とにこやかです。

 

 ノブさんは自室にもどり、満足して床につきます。すると翌朝、異変に気づきます。「ええっ? 羽じゃないか! なんてこった!」。どうやら髪の毛ではなく羽が生えてしまったようです。髪の毛を生やすよう、もっと念入りに伝えるべきでしたね。

 

 ノブさんは「理髪師のトニーかい? すぐきてくれ!」と電話します。トニーは「こんなの見たことない」といってノブさんの髪(羽)を切るのですが、次のコマではもう羽がすごくのびています。

 

 ノブさんの前にすわる人は、「わたしにはなにもできません。こんな奇妙なことは、わたしの手に余りますよ」とノブさんに伝えています。医者ですね。ノブさんは「先生、どうしたらいいんでしょう。切れば切るほど羽が大きく育つんですよ」と深刻な面持ちのようです。

 

 ですがノブさん、解決策というか、苦しまぎれというか、ひとつのアイデアを思いついたようです。最後からふたつ目のコマ、立派な建物が描かれていて、その壁に「羽ペン」とか「羽飾り」と書かれています。「フェザー・ファウンドリー」、羽製品メーカーを設立したわけですね。社名は「ジョン・ノブ社」です。

 

 まあ客の立場からすれば、人の頭から生えてきた羽を使った品物を、買いたくはないかなあ...。そのへん、ノブさんは企業秘密にしてるんでしょうか。

レアビットとラップさん

f:id:miurak38:20170521083752p:plain

 1905年12月27日『ニューヨーク・イブニング・テレグラム』の「レアビット狂の夢」です。

 

 制服姿の少年が、「こちら、ラップさん(Miss Rapp)へのお届けものです。こちらでよろしいですか、マダム?」と、荷物をもって立っています。その前には女性が立っていて、「ええ、わたしがラップです」と答えています。こちらも札のついた荷物を手にしています。

 

 ラップさんが受けとった荷物を開けてみると、金づちが入っていました。「だれかしら、こんなすてきな金づちを贈ってくれたわ」。余韻にひたる間もなく、今度はべつの女性が「こちらにもありますよ、今あなたに届いたばかりなのよラップさん。メリー・クリスマス!」と荷物をもってきました。クリスマスプレゼントなんですね。

 

 3コマ目でも、ラップさんは郵便局員から荷物を受けとります。ラップさんはつぎつぎにやってくる箱を開けていますが、どれも金づちです。ラップさんはそれを小さい順に机にならべながら、「どうしてみなさんこんなものをわたしに贈ってくれるのかしら」と、少々困惑しているようです。

 

 4コマ目になると、もう箱には入りきらない大きさのハンマーになります。「わからないわ、なぜかしら。ぜんぜん使うつもりないのに」「はっきりしてるのは宛先だけですね」。ラップさんの息子でしょうか、家族らしき人も、この状況の理解に苦しんでいます。

 

 大きなハンマーがいくつかやってきたあと、郵便局員がかなとこをもってきました。「かなとこ? だれが贈ってきたのかしら、かなとこで何をすればいいというの」。それからすぐに、巨大なハンマーも到着です。数人がかりで運ばれてきた巨大ハンマーに対し、ラップさんは「いったいこれでどうしろというのよ? だれか教えてちょうだい!」と、もはやクリスマスの楽しさは忘れている様子です。

 

 7コマ目、ついに杭打ち機の登場です。何頭もの馬が杭打ち機を引いてきています。杭打ち機は、まだ遠くにありますがすでに存在感十分で、あれがこれからここに来るのか...とニヤニヤしてしまいますね。もちろんラップさんにとっては不可解きわまりない状況です。「なんということ! あんなもの使いませんよ!」。

 

 ラップさんは目をさますと、「あのいまいましいシーア夫人(Mrs. Sheer)め、あたしのことなんかほっときゃいいのに。レアビットなんかいやだと言ったのにあの人しつこくせがむから食べちゃったわよ...なんて夢なの!」とつぶやいています。sheer には「はなはだしい」という意味がありますので、程度のはなはだしい夢を見たというわけです。

 

 ラップさんがハンマーをもらうのも、彼女の名前 rap(p) が「コツコツたたく」という意味だからです。今回の「レアビット」も言葉遊びエピソードでした。